勤勉

'15.12.2 linne's two-toed sloth 9769

          フタユビナマケモノさん




もう季節が変わってしまったけど(^^ゞ

去年暮れの関東遠征にちょっともどって…


動物科学館という建物の中に キヌザルの仲間がいるエリア、

夜行性の種がいるエリア、ゴリラの室内展示などがあるのですが

おおきな温室のようなバードホールがあって

そこにフタユビナマケモノがお住まいです。


午後2時に給餌があると掲示してあったので、

昼食後に時間を合わせていきました。

どこにいるのかわからなかったんだけど、

木の影から 手すりをつたって端から端へ渡っていきました。

彼らがいるところより1階分低いところに餌がつるされ、

もくもくと降りてきて にんじんやかぼちゃ、バナナをスルーして

キャベツを銜え また上がっていってそこでしゃくしゃく食べました。

あまり、動かず体には苔むし それがカムフラージュになるような種ですが、

体力の無駄遣いをしないだけで、

もくもくと進み、餌をとって帰っていくのを眺めていると

けっこう勤勉だなあと思いました。

でも、ナマケモノ って種名は好きです。

ナマケモノのように生きられたらなあ。

人は欲張りです、で、そうでないと生きられない へんな生き物だな。




     千葉動物公園 '15年12月2日撮影














スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

これはぶら下がる途中かな?機能的な爪が良く見えますね。
野生の生き物さん達は、無駄なく効率がいいですね。
ああ、カメは別かも・・・
で、無駄を楽しむのが人間かも。

Re: No title

> Effyさん

そうです。1階下に降りてきたところです。
無駄を楽しむことができる。
そうですね♪
それが文化ですものね。
それは人間の暮らしの素敵なところ。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

唯可理 minamikoarikui

Author:唯可理 minamikoarikui
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR